会社のニュース

設置環境と電圧安定器の注意事項

2020-09-19
1.磁気漏れ干渉を防ぐために、電圧安定器と使用する機器の間の距離は2メートル以上でなければなりません。偶発的な磁化を防ぐために、あらゆる種類の磁気記録、ディスク、カードなどを機械から2メートル離しておく必要があります。

2.電圧安定器には、一般に、入力端子(A、B、C)、出力端子(a、b、c、n)、シールド、および鉄心シェル接地端子が含まれます。これらの端子は、電圧安定化システムに正しく接続されています。

3.負荷の不均衡が20%を超える場合は、抵抗負荷を軽負荷フェーズに並列に接続してバランスを取ります。同様に、入力端の線間電圧の不均衡が10%を超えると、ユニットの電圧調整性能にも影響します。このとき、入力端から単相電圧調整器も設定して、入力端の線間電圧は基本的にバランスが取れています。入力電圧と負荷のバランスは上記の範囲を超えず、出力ライン電圧の不均衡は±5%です。

4.負荷機器が短絡している場合、ユーザーはシャットダウンして確認し、短絡障害を解消してから再起動する必要があります。

5.連続稼働時間が長い場合、機械は一定の温度上昇を示し、表示値は実際の電圧値よりわずかに低くなります。

6.換気の良い場所に設置してください。換気条件が悪い場合は、室内に換気扇を設置してください

  • 電話: +86-755-89389961
  • E-電子メール: [email protected]