業界ニュース

乾式変圧器の最高使用温度はどれくらいですか?寿命はどれくらいですか?

2020-08-21

乾式変圧器常温が145°を超えない場合は正常に使用できます。ただし、乾式変圧器の温度が高すぎると、絶縁が徐々に劣化するため、変圧器の温度が低いほど寿命が長くなります。通常の使用では、乾式変圧器 約20年間使用できます。


実際、実際の電気環境の温度は一年の四季によって変化するため、夏の温度はその温度基準を超える可能性があり、冬の温度は通常、温度基準よりも低くなります。ただし、各年の四季の巻線温度変動の平均線が145℃を超えない限り、時効速度も通常の許容範囲内である可能性があります。

乾式変圧器の温度上昇は70°Cを超えてはなりません。温度が高すぎると、内部絶縁体の経年劣化が加速するためです。変成器. Therefore, it is necessary to adjust the ambient temperature of the 変成器 during operation, and it is best to control it below 50°C. In order to cool the 変成器, the 変成器 produced by ABOT Power will be equipped with two fans. When the 変成器 starts to work, the fan will run to cool the 変成器.



の温度が高いほど変成器 during operation, the greater its resistance value will be, the heat generation will continue to increase, the efficiency will be significantly reduced, this is a problem of positive feedback. If it is a Class F insulation system, it is more appropriate to control the normal operation at 40℃~60℃. If the temperature of a dry-type 変成器 that works under normal conditions reaches 98°C, then it is already a relatively high value, so the load should not be increased anymore. Low-voltage equipment generally requires the temperature rise not to exceed 65°C. Too high temperature will accelerate the aging of the insulation parts of the equipment and reduce its lifespan




にとってdry-type 変成器コイル、クラスA絶縁材料を使用する必要がある場合、最大動作温度が108°Cのとき、最大動作温度は65K未満である必要があります。クラスEの断熱材を使用する場合、最高動作温度は121°Cです。最大温度上昇は78K未満である必要があります。クラスBの絶縁材料を使用する場合、その最大動作温度は131°であり、最高温度上昇は85K未満である必要があります。クラスFの絶縁材料を使用する場合、その最大動作温度は156°です。最大温度上昇は105K未満である必要があります。クラスHの絶縁材料を使用する場合、その最大動作温度は181°であり、最高温度上昇は125K未満である必要があります。クラスCの絶縁材料を使用する場合、その最大動作温度は221°です。最大温度上昇は155K未満である必要があります。




  • 電話: +86-755-89389961
  • E-電子メール: [email protected]